東北支部は青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島の東北6県の会員より構成されています。

東北支部イベント予定

No event found!

東北支部からのお知らせ

より良い歯科医療を行っていくためには,クォリティーの高い医療技術を持ち合わせるだけではなく、患者さんが安心して通えるような雰囲気を歯科医院内に作り上げることも求められてきます。
本セミナーでは、ディズニーランドで「本当のサービス」を学び、それを次世代へ教育継承してきた香取氏をお招きし、ちょっとした努力で「満足」を「感動」に変える極意をご講演いただきます。
咬合についての簡単な講演も併せて行いますので、是非明日からの医院作り、臨床に役立たせて下さい。ご参加を心待ちにしております。
参加を希望されるかたは下記のURLよりお申込みください。
例年支部学術大会終了後に支部総会を開催しておりますが、今年度の支部学術大会はWebでの開催となったため、2月2日支部理事会の場を借り、支部(仮)総会として開催致しました。決算報告や予算案等、適正に審議を行ったことをご報告致します。詳細についてのご質問がある方は、支部長までご連絡いただければ幸いです。
新型コロナウイルスの感染拡大により全国規模、多人数での集会は感染リスクを完全には排除できないという観点から、2020年度の支部学術大会(6支部)は開催を見合わせることといたしました。
新型コロナウイルスの感染拡大により全国規模、多人数での集会は感染リスクを完全には排除できないという観点から、2020年度の認定医教育研修会(6支部)は開催を見合わせることといたしました。

支部長挨拶

2021年より日本顎咬合学会東北支部長を拝命いたしました菅崎紳です。

東北支部は菅野博康先生を初代支部長として発足し、その後、菅崎直身先生、佐藤善徳先生、木村純子先生、佐藤勝史先生へと引き継がれ発展してきました。この連綿と受け継がれてきた東北支部を更に発展させるため、私は2つの活性化を目指していきたいと思っています。1つは東北6県全体の活性化、そしてもう1つは、コ・デンタルスタッフの活性化です。

東北全土の患者さんにより良い歯科医療を提供するには、東北6県全体が活性化し、それぞれの地域で良い人材が育成されなければいけません。現在、東北6県には、それぞれ素晴らしいスタディグループが存在します。それらが手を取り合って、東北6県が一丸となり若手・中堅を育成していくことこそ、これからの東北支部の明るい未来を築くものと信じています。そのための強固な地盤作りを行ってまいります。

そして、より良い歯科医療を行っていくためには、歯科医師だけが頑張るのではなく、歯科衛生士や歯科技工士、歯科助手、受付といったコ・デンタルスタッフの活性化も必須となってきます。顎咬合学会がかねてより提唱してきた四位一体の治療体系が築けるよう、コ・デンタルスタッフが楽しく学べる場の提供を多く考えていきます。

会員の皆様におかれましては、東北支部主催のセミナーや講演会に、是非積極的なご参加をお願い申し上げます。

日本顎咬合学会東北支部

支部長 菅崎 紳

東北支部役員

東北支部へのお問い合わせ

登録会員情報・単位の確認や入会に関しては下記の学会事務局にご連絡ください。

支部へのお問い合わせは下記のメールフォームより送信ください。

WEB会員専用システムログインのお願い

会員専用システムが新しくなりました。一度ログインしていただき、会員情報などご確認ください。

検索
Generic filters
検索
Generic filters